忍者ブログ
放浪旅芸人の創作雑記帳

2017.10.24 Tue 「 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013.07.04 Thu 「 創作の舞台at神社作業部屋
どうも、のま茶です。時々筆やボールペンをかんざし代わりにしてますのま茶です。
「袖振り合うも他生の縁」第肆話描き終わりました!!やっと狐君こと黎弥がバイトします。
そして新キャラ登場!化け猫の鈴乃と、イケメン設定の妖狐の野々宮 麻路。
&現在非公開の第壱話で地味に人気のあったタヌじい(本名;タヌ天)が再び登場。
さらに普段少年姿の狛犬が青年に化けていたりと、新鮮なお話しです。
所々雑なページがあったりラスト2Pが手抜きになっているのは〆切・原稿枚数制限やら諸々の言いわk(略)
第肆話からでも読めるのでよろしければ→http://houroukenkaku.web.fc2.com/comic/4wa-1.html

第肆話を描き終わったところで前回予告していた通り、創作の舞台の紹介をします。GWに行って写真も撮ってきました!
◆創作の舞台 神社入り口

弐、参話はほぼ江戸時代(タイムトリップ)のシーンなので、第肆話からワンシーン抜き出しました。
主人公の半狐、犬崎 黎弥が住んでいる神社のモデルです。因みに今回で神社の名前が登場。香澄神社です。
この神社の名前はわからないのですが、狐の置物があるので狐神社と呼んでいます。
漫画で黎弥達のいる神社やその周りの様子がはっきりしていませんが、これを読んでくださればわかりやすくなると思います。

▲階段を上がり後ろから見た様子。
黎弥の家は高い位置にあります。さらに上へ上がっていきましょう。

◆黎弥の家

さらに上るともう一つ鳥居が。その向こうには狛犬。亜志丸と杜々丸も狛犬の姿だったらここら辺にいる設定かな。
鳥居をくぐって右手に黎弥の家があるという設定です。
実際にそこは開けた場所になっており、家のような建物があります。

この絵の黎弥から見て家の右側が鳥居のある道、正面は崖のようになっていて家々と海が見渡せます。

▲鳥居の向こうに見える家々

創作でまだ出てきてない場所


実はさっきの鳥居をくぐると三つ目の鳥居があります。そこからは道が左右に分かれています。上の写真は、上の上の写真に写っている右手に伸びる道から三つ目の鳥居を撮影したものです。
分かれ道を歩いてみましょう。

▲木々のトンネル

▲すぐ隣は崖なので注意。海が見える。

▲ベンチ
毎年夏に行くことが多いので、蝉の鳴き声が凄いです。自然の音だけが聞こえ、静かな場所。
自分は異様に蚊に刺されやすいので夏だと大変ですが(苦笑)

◆神社付近の様子

神社の前の通り。古風な形のポストだけど修復されてるのか塗装は剥がれてない。

第肆話からワンシーン。神社付近の町並み。
本当は町の様子の写真も載せようと思ったのですが、家がはっきり写ってしまっているのでやめておきます。
そこら辺にありそうな町並みに見えますが、これもさっき紹介した神社付近がモデルです。
昔っぽさを残した家の造り、崩れた塀や祠。人通りは自分が知ってる限りでは凄く少ないです。
よく粗大物回収車が通っているのでそれも描こうと思ったのですが、ゴチャゴチャしそうなのでやめました。

そのうち創作の舞台紹介をしたいと思っていたので、やっとできてよかったです。
久々にオマケ絵↓

第肆話→http://houroukenkaku.web.fc2.com/comic/4wa-1.html
他にも和創作してるのでよろしければどうぞ↓
(ブログ拍手コメ返信もここ↓でしています。ブログコメ返信はこちらでしています。)

ここまで読んでくださりありがとうございました!!
それでは、また。

拍手[5回]

PR
COMMENTS
SUBJECT
NAME
EMAIL
URL
編集用パスワード
COMMENTVodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

暇茶屋 のま
創作サイトはこちら↓
(拍手コメ返信もここでしてます)
カテゴリー
最新記事
キャラ投票
オリジナル漫画「袖振り合うも他生の縁」のアンケートです。一話につき一票でお願いします。第弐話のキャラアンケート是非!

pixiv
twitter
COMMENT
初めましての方もお気軽にどうぞ!
[09/18 ランスロット]
[04/11 岩るりかけす]
[03/31 ランスロット]
LINK
◆お友達サイト様◆

◆ランキング◆
参加しています↓


◆同盟・サーチサイト様◆ お絵描きJP - イラスト検索&交流と無料ゲーム情報
最古記事
カウンター